弓道の道具

 土浦の弓具店 

 
 

 主な弓道道具 

価格:19,000円~

説明:

竹・グラスファイバーがあり価格も様々。
・弓の長さ(身長によって選ぶ)
 165cm以上 …寸伸び(227cm)
 150~165cm…並鉾(221cm)
 150cm以下 …寸詰り(215cm)
・弓の強さ
 初心者は7、8kくらいから始めるとよい。

握り皮

​価格:310円~

説明:

弓の持つところに巻きつけ、手が滑らないよう、痛まないようにする。

弦(つる)

価格:400円~

説明:

弓に張り矢をつがえるもの。
中仕掛けが巻いてあるものと巻いていないものがある。
(巻いてない場合は自分で巻く)

弦巻

価格:600円~

​説明:

予備弦を巻いて保管しておくもの。

的矢

価格:14,500円~(6本)

説明:

通常使う羽根のついた矢のこと。
矢尻(矢の先)が鋭い。
甲矢(はや)・乙矢(おとや)の2本で一手と呼ぶ。

巻藁矢

価格:1,500円~

​説明:

巻き藁用の矢のこと。
矢尻が丸い。羽根のあるものとないものがある。

ゴム弓

価格:1,400円程度

説明:

右手の離し方、左手の角見の働きを覚える。ゴムが矢の代わりになる。 

ゆがけ

価格:15,000円程度

説明:

弓を引くときに右手につけるもの。
三つかけ、四つがけ、もろがけがある。

ぎり粉

価格:150円~

説明:

弓を引いた時、ゆがけが滑らないようにかけの指先につけるもの。

ふで粉

価格:150円~

説明:

弓を引いた時、弓を持った手を滑りやすくするよう、手のひらにつけるもの。

道宝

価格:400円~

説明:

弦に中仕掛けを付ける時に使う道具。軟らかい木を使う。

弓袋

価格:420円~

説明:

弓を持ち運ぶ時に入れる袋。

足袋

価格:1,000円~

説明:

普通の白足袋。

下かけ

価格:100円~

説明:

ゆがけの下につけ、ゆがけを汗や汚れから守る。

矢筒

価格:3,000円~

説明:

矢を入れて持ち運びする。

胸当て

価格:400円~

説明:

弓を引いた時、弦が当らないよう胸につけるもの。
女性のみ使用。

道着

価格:2,500円~

説明:

弓を引く時に上に着るもの。

価格:8,000円~

説明:

弓を引く時に下に履くもの。

価格:1,500円~

説明:

道着の上に巻く。

着物

価格:男物 15,000円~、女者  17,000円~

説明:

茨城県の場合、3段以上で必要となる。
5つ紋をつけるのが正式。

価格:1,000円~

説明:

女子が着物を着用した時に使用する。
(袖が邪魔にならないようにする)

弓道教本

価格:1,220円(第一巻~第三巻)、1,530円(第四巻)

説明:

第一巻 射法編
第二巻 射技編
第三巻 続射技編
第四巻 理念と射技詳論

介添え 教本

価格:1,000円

説明:

矢渡しの第一介添え、第二介添えを解説した教本

襷さばき 教本

価格:510円

説明:

女性の襷さばきを解説した教本。

Please reload